04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

喜怒哀らぶ。

犬達と一緒に外に出て、季節の移り変わりを楽しんでいます。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

「ブドウ膜炎」の疑い。 


る「お目目がシパシパするでしのっ。」
moblog_0a81be9a.jpg


9月5日、昨日ね。
朝起きたら、るーの目がはれぼったい気がしてみて見ると、白目がいつもより赤い。
様子見。
目がシパシパして開けるのが辛そう。
涙が出ているし、目が濁っている。

午後、近所にできた新しい病院へ!!
専門に眼科って文字があったから。

診断は「ブドウ膜炎」

ブドウ膜炎とは・・・(ネットよりコピペ)
・症状・
ブドウ膜炎の症状は様々で、白目が真っ赤に充血していたり、目ヤニや涙の量が多い、まばたきが多くなるといった症状がでますが、初期の段階では他の病気と見分けがつかず、発見が難しい病気です。進行すると目の表面が曇り目の中にモヤがかかったように見えたり、目を細めるような仕草をします。また、虹彩の色や形にも変化がみられ、瞳孔の収縮もあります。視覚に関係する網膜に炎症が広がると視力の低下や失明する可能性もあります。

・原因・
ブドウ膜炎の原因は様々な要因が考えられます。 目に原因がある場合は、角膜炎や結膜炎の目の疾患の悪化が原因になるケースや、白内障などの水晶体の疾患、角膜潰瘍、眼球に発生する腫瘍、外傷なども考えられます。細菌やウィルス感染、アレルギー、免疫介在性疾患、寄生虫性疾患など、目以外に原因があってブドウ膜炎になることもあります。このように、様々な要因が重なり、病気が併発して起きる可能性の高い病気です。

・治療方法・対策・
様々な疾患や原因が重なって起きる病気なので、原因疾患の治療とともに、ブドウ膜炎の炎症を抑える治療を行います。ブドウ膜炎の治療では、ステロイドの投与など内科的治療が一般的で、症状に応じて抗生物質の投与あります。ブドウ膜炎は早期発見がとても大切です。目の組織は隣接しているので、ブドウ膜炎を発症していなくても目の疾患がある場合には注意が必要です。治療が遅れると緑内障の発症やブドウ膜の瘢痕化で失明する可能性もあるので、日ごろからよく目の状態を観察しておきます。

意外と怖い・・・・。(汗)
短期間で緑内障にも変化したりもするみたい・・・。

目に光を当てて検査したり、目に腫瘍がないかエコーで調べたりして・・・
目を洗って瞳孔を開く目薬をして(何でか忘れた)ステロイド入りの目薬をして様子を見ることに。
実は何年か前も同じ症状になってたんだけど、検査とかもなく目薬で治した。
その時の後遺症(って言ってもそんなにすごいことじゃないのでご安心を)があるということ。
それから、すっごく小さいけど白内障も・・・・

今はステロイド入りの目薬で様子見・・・・
早く治りますように。

るーたんも今年で8歳。
シニアだもんね・・・・見えないけど。
色々出てくるよね・・・・

ついでに、気になること何個か聞いてきた。
優しい口調で、わかりやすく教えてくれる優しい先生。

でも・・・診察料が1000円 ちょっと高いな・・・。


それで今日も光を当てて見てもらって、瞳孔開く目薬して帰ってきた。
おうちで、ステロイドの目薬もした。

はやくかわいいお目目に戻りますように。



ちなみに、あたくし焦ったのか?副作用のふらつきなのか・・・?
着地に失敗して捻挫。
そのままごろ~んと肩から落ちました・・・・。

ステップちゃんといい、るーといい、あたしといい・・・・次は何が起きるのか・・・・

コワイョ━━((((。iдi。)))━━ッッッ!!!



次はきっといいコトあるよ!!っとぽちっとな。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  
ランキングに参加しております。ご協力お願いします♪
Ctrlキーを押しながらポチポチっとすると簡単です!いつもありがとー!!




スポンサーサイト

Category: ワンズの心配ごと

tb -- : cm --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。